オススメリンク
通信制の学校に関する情報が集まるサイト:通信制高校スタジアム
インテリアデザインやファッションを専門学校できちんと学んでいきませんか?ファッションデザインなどもきちんと学ぶことができるので、すぐ仕事に繋がりますよ!
アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
2014年8月
« 6月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

postheadericon 通信制高校の難易度

調べる

通信制高校の入学には試験がありますが、前日制の高校の入試と比べるとそれほど難易度は高くありません。

そのため、前日制高校に入るには学力の足りないような人や事情によって学校に通えていなかった人などにも広く門戸が開かれています。
一部スクーリングもありますがほとんどの過程が通信教育なので、仕事との両立も可能です。

卒業すると高卒資格が手に入ります。卒業後は就職のほかに大学や短大、専門学校へ進学する道もあります。

専門学校以外にも専門的な知識を学ぶ事ができる通信教育の通信制高校

専門学校ではかなり専門的な知識や情報を身に付ける事ができるのですが、状況によっては通う事ができない方もいます。

そんな時は通信教育を積極的に行っている通信制高校で学ぶ事によって、自宅に居ながらも専門的な知識や情報を身に付ける事ができます。

状況によって外出する事ができない方も、通信制高校を利用する事によって必要な学力を身に付ける事ができます。色々と問題を抱えているお子様には特に実践してあげたい方法になっています。

postheadericon 通信教育を最後までやり切る方法

勉強

通信教育はやる気を持って始めてみたのはいいけれど、結局最後まで出来ずに投げ出してしまうことが多々あります。

最初の意気込みも最初だけで数日後には明日やろう明日やろうとして、その後忘れてしまう、まさに3日坊主状態になってしまいがちです。

通信教育を最後までやり切るためには、一番最初にいつまでにどの単元まで終わらせるか自分なりに勉強の計画をしっかりと立てておくことが重要です。そのとき、計画には十分に余裕を持って途中でつまずいても取り返せるようにしておくことが大切です。

少ない出席日数で高校を卒業するには

通信制高校とは、自宅での学習に基づくレポート作成と試験、及びスクーリングと呼ばれる授業に参加することで高校卒業を目指すことができる学校です。

出席日数が少なくて良いので、中学校を卒業してすぐに専門学校に進学する際に、通信制高校にも同時に入学し、高校卒業資格を取得することも可能です。

また、不登校等の理由により出席日数が不足している場合でも、留年せずに卒業できる可能性がありますので、お悩みの方は相談してみてください。

postheadericon 通信教育とは

家で勉強

通信教育とは、教室などで講師が対面に立って授業を行うのではなく、郵便やインターネットを使って教育を行う教育方法のことです。

講師が対面にいないため、自分のペースで勉強を進めていくことができるというメリットがある反面、自分がやる気にならなければ全く勉強ができないというデメリットがあります。

また、不明点があった場合にすぐに質問することができず、質問カードを送付して回答を待つ必要があるため、思ったように勉強が捗らないといったことが生じやすいです。

通信教育について

通信教育とは家庭で自ら学習を進め、レポートなどを定期的に提出して単位を得るものです。しかし年に何回かは面談などで学校に行くこともあります。

様々な理由で学校に行くことができなくなったが勉強をしたいという気持ちを持った生徒が多い傾向にあります。これは主に通信制高校について言っています

毎日学校に行き単位を取るということができないため通信教育で単位を取るのは勉強したいという強い気持ちがないとたいへん難しいです